STORY

大山の山頂に現れた万物を救う地蔵菩薩

その信仰は平安時代末以降に牛馬信仰を育み
牛馬のご加護を願う人々をも大山寺に集めた


日本遺産大山 牛馬市がにぎわっていた様子の画像

 大山のすそ野に自然に生まれた牛馬の市は、江戸時代には大山寺に庇護され信仰に裏打ちされた全国唯一の「大山牛馬市」へと発展。江戸時代後期には日本三大と言われるまでに隆盛を極め、さらに明治時代には日本最大の牛馬市へと発展した。
大山寺へ続く「大山道」沿いは、西国諸国からの参詣者や牛馬を連れた商人などの往来で賑わった。

 大山道沿いには、今も往時を偲ぶ石畳道、かつての宿場の町並み、牛馬とともに暮らした生活の様子をとどめる農村の景観、独特の食文化、そして「大山の水」にまつわる行事や風習が伝わり、人々が日々「大山さんのおかげ」と感謝の念をささげながら大山を仰ぎ見る暮らしが息づいている。


上へ戻る