4

だいせんじほんどう大山寺本堂

文化財一覧へもどる
大山寺本堂

明治36(1903)年に大山寺が再興された際、大山寺中門院の大日堂が新本堂とされた。その本堂が昭和3(1928)年に焼失したため、昭和26(1951)年に再建されたのが現在の大山寺本堂で、神仏分離によって旧本社から取り除かれた地蔵菩薩を祀った。今大山の地蔵信仰の中心をなす堂宇である。

文化財データ

名称 大山寺本堂
よみかた だいせんじほんどう
指定 未指定
住所 鳥取県西伯郡大山町大山
お問い合わせ 0859-52-2158(大山寺)

Data of
Cultural
Property

上へ戻る