6

ばくろうざ博労座

文化財一覧へもどる
博労座 江戸時代後期の様子(伝歌川広重作扇絵) 博労座 昭和6年の様子

大山寺付近の広大な牧野周辺で開催されていた牛馬市が、享保15(1730)年に改革されて、組織や制度が整えられた。大山寺境内の前方に広がる広大な草地が牛馬取引会場の博労座と定められ、昭和12(1937)年までこの場所で多くの牛馬の取引が行われた。

文化財データ

名称 博労座
よみかた ばくろうざ
指定 未指定
住所 鳥取県西伯郡大山町大山
お問い合わせ 0859-52-2502(大山町観光案内所)

Data of
Cultural
Property

上へ戻る